渥美裕貴の秘密の箱庭

霊体と肉体の視点から日常を徒然

渥美ゆうきの秘密の箱庭

【kMさん】ちょっと調べて見たのですが→ぬなかわひめでした。

先程kMさんにメールのお返事を書いておりました。

お返事遅くなって申し訳ないです😭

 

そこで、kMさんもやはり神仏が気になるとのことで、私もお返事書きながら気になって検索してみました。

 

↑上の記事の中でも書いてるんですが、

霊視の時に雪が積もっていたので、雪の降る地域?

そして額にある緑の石、たぶん翡翠かなぁ。

それと女性の神仏。

 

これらの情報をもとに検索してみました。

霊は名前はあっても無いものなので仕方ない…。

 

「緑の石 神仏」→ダメ

「緑の石 女神」→うーん

「緑の翡翠 女神」→これでぬなかわひめ?という方が出てきました。

 

初めて聞く名前です。

すぐに近い神様が検索で出てきて驚きました。

 

霊視もしてみてこの方で合ってるようです(*^_^*)

 

色々検索してみました。

 

沼河比売

 

『古事記』では沼河比売、『先代旧事本紀』では高志沼河姫(こしのぬなかわひめ)、『出雲国風土記』では奴奈宜波比売命、その他奴奈川姫とも表記される。

『日本書紀』には登場せず、『古事記』の大国主の神話の段に登場する。八千矛神(大国主)が高志国の沼河に住む沼河比売を妻にしようと思い、高志国に出かけて沼河比売の家の外から求婚の歌を詠んだ。沼河比売はそれに応じる歌を返し、翌日の夜、二神は結婚した。

『古事記』にはこれ以外の記述はないが、新潟県糸魚川市に残る伝承では、大国主と沼河比売との間に生まれた子が建御名方神で、姫川をさかのぼって諏訪に入り、諏訪大社の祭神になったという。また諏訪でも建御名方神の母を沼河比売とする。『先代旧事本紀』でも建御名方神は沼河比売(高志沼河姫)の子となっている。

『出雲国風土記』島根郡美保郷の条では高志国の意支都久辰為命(おきつくしい)の子の俾都久辰為命(へつくしい)の子と記され、大穴持命(大国主)との間に御穂須須美命(みほすすみ)を産んだと書かれている。

越後国頸城郡の式内社に沼河比売を祀る奴奈川神社がある。天津神社境内社・奴奈川神社をはじめ、新潟県糸魚川市内に論社が3社ある。なお奴奈川神社の創建は、成務天皇の御代に市入命が沼河比売の子建沼河男命の後裔長比売命を娶って創建したと伝わる。

また、長野県にも沼河比売を祭る神社があり、姫の乗っていた鹿のものとされる馬蹄石がのこされている。

諏訪大社の下社にも八坂刀売神や建御名方神と共に祀られ、子宝・安産の神として信仰されている。

『万葉集』に詠まれた「渟名河(ぬなかは)の 底なる玉  求めて 得まし玉かも  拾ひて 得まし玉かも 惜(あたら)しき君が 老ゆらく惜(を)しも」(巻十三 三二四七 作者未詳) の歌において、「渟名河」は現在の姫川で、その名は奴奈川姫に由来し、「底なる玉」はヒスイ(翡翠)を指していると考えられ、沼河比売はこの地のヒスイを支配する祭祀女王であるとみられる[1]。天沼矛の名に見られるように古語の「ぬ」には宝玉の意味があり、「ぬなかわ」とは「玉の川」となる。

 

長い。

 

祀られている場所です。

f:id:yucha168:20200505181330p:image

うーん。

確かに雪が降る地域ではあります。

 

 

糸魚川観光ガイドのサイトが読みやすかったです。

 

奴奈川姫とは?

 

「奴奈川姫(ぬなかわひめ)」は『古事記(こじき)』や『出雲風土記(いずもふどき)』などの古代文献に登場する高志国(現在の福井県から新潟県)の姫であると言われています。
『古事記』では出雲国(今の島根県)の大国主命(おおくにぬしのみこと)が沼河比売(= ぬなかわひめ?)に求婚に来た、とあり、また、『出雲風土記』では天の下造らしし大神(大国主命)が奴奈宜波比売(=ぬなかわひめ?)の命と結婚して御穂須々美(みほすすみ)命を生み、この神が美保に鎮座していると記されています。


あくまでも伝説ですが、それでも奴奈川姫を祭る神社が糸魚川・西頚城地方に多く、また、考古学的資料にも恵まれていること、さらには『万葉集(まんようしゅう)』の記述にある「沼名河の底なる玉…」との関係をみても、奴奈川姫は神秘的であり、姫にまつわる伝説がこの地方に多いのも興味深いものです。

f:id:yucha168:20200505181623j:image

奴奈川姫の伝説 - 文化財・伝統芸能|北陸新幹線で行く糸魚川

 

この像ぐらいしか画像が出てこなかった泣

 

では!

すぐ特定できたのでご報告です😁