渥美ゆうきの秘密の箱庭

霊体と肉体の視点から日常を徒然

渥美ゆうきの秘密の箱庭

反面教師で政治家になりたい若者が増えるかもしれない

コロナが始まってから、やっと国民みんなに平等に行き渡る対策がマスク2枚…。

マスク2枚が新型コロナ問題が出てすぐ行われた対策ではなく、こんなに時間がたっての対策ということが問題なんだと思う。

 

マスクしか対策がないとも思ってないけど、それにお金をかけるなら学校再開を延期して、オンライン授業に予算を回し自宅で学習できるようにしたほうがいいんじゃないかなぁと思います。

 

これから学校が再開されるにあたって一気に感染が広がる可能性は否定できるはずがない。

子供は重症化しない、というのは未知のウイルスなんだからそれを今は信用するべきではない。

 

びっくりしたのは岡山での感染者についての記事です。

『症状が軽いから感染のリスクは少ないと考える』…と岡山が発表してました。

 

…そういう話だっただろうか。

無症状の若者が感染拡大を引き起こす可能性がある、という話なのに、なんで岡山では症状が軽いから感染のリスクは少ないって話になるんだ。

岡山しっかりしてくれ。

 

住んでる総社市は結構頑張ってくれてると思うんだよなぁ…。

市長さんがTwitterの声を積極的に聞いてくれていて、やっぱりネットの市民の声を聞いてくれてる安心感がある。

問題に対して一緒に頑張っていこうという姿勢を感じれることはとても大切だと思う。

 

岡山の感染リスクな話と、マスク2枚は4月1日に見た記事だったのでエイプリルフールかと思ったけど違った。

Twitterの方でも触れさせてもらったけど、もしかして感染を蔓延させて人を減らし、少子高齢化対策をしようとしてるんじゃ…。

そういう悪の組織の思惑なんじゃないの?と思った(・Д・)

 

逆に今の日本の遅れた対応を見ていると、わざと遅らせて国民を困らせてやろうとしてる悪の組織の魂胆だったほうがホッとするかもしれない。

わざとこのような振る舞いをしてるほうが納得できる。

 

今の状況が本当に政府ができる対応の最善最速だとしたら一体何が原因なんだろう。

危機意識?国際関係?日本は借金多いの知ってるから今更国民を守るためにお金使ったっていいじゃないか。

 

 

『お金が大変って人は色々申請したら受け取れるよ!やってないだけ、知らないだけだよ!』

とネットで見るけど、たぶんその人たちこそ現状を知らないんだと思う。

 

保健所のように、なぜか審査が通らず…という人が今沢山いる。

あの申請だいぶ面倒でしたよ。

政府の対策が機能してない。

それでマスク2枚なんだからそりゃ怒る。

 

 

経済を回すって、根本的に人がいないと経済は回らない。

 

人情云々もあるけどそれだけではなくて、特に日本のような資源が少ない国では一人一人の人間の力が大きいと思う。

仕事や学校や家庭でみんなが頑張って毎日生きて、その結果経済が回ってる。

ドバイのような資源があるわけでもない。

 

経済ありきではなくて、健康ありき、人ありき。

今お金を回す=感染リスクであって、お願いだから現金給付して仕事が休めるようにしたほうがいいと思う。

2週間前の感染者が今の感染者数なんだから…

土日の外出自粛の成果がそろそろ出る筈という声も聞くけど、ウイルスは平日も24時間変わらず存在するわけで…。

 

そりゃ平日も自粛となったらお金が回らないからなの分かるけど。

とにかく大切なのは経済を動かす人の存在なんだから、今一気に対策することで、人の命を回り、回復させる時の力になると思う。

 

日本遅すぎる…。

 

厚労省がマスク2枚に関して、『そもそもWHOはマスクを推奨していないから、布マスクが感染予防に効果ないなど関係ない』と話してた。

 

いや、何言ってんだ。

それを話す厚労省の人達がマスクしてるから何してるのか分からない。

とにかく頭が混乱する。

 

台湾は前からWHOと中国と関係が色々あるけど、だからこそ自分達でしっかり対策しているんだと思う。

自分達を守るのは自分達しかいないからこそ、台湾は本気なんだと思う。

本当に素晴らしいと思う。

 

私も台湾を見習って自分を守るのは自分しかいないと改めて感じた。

 

 

兎に角人の命を救うことが後の経済を回復させることにも繋がる。

そのためにはまずは予防。

マスクは効果がないとかそんな議論するより、効果は多少あるかもしれないからとりあえずマスクを作って、みんなに配るべきだった。

遅すぎる。

 

1番の予防は人と会わないことだから、お金を給付して休めるようにすること。

規制かけれないんなら、自己判断で休むしかないんなら、休めるようにすべき。

外出禁止にし、医療従事者やライフライン、物流を回すどうしても働かないといけない人達の子供のみ保育すべきじゃないのか。

 

子供達への対策としてオンライン授業をし、家で仕事できる企業は全て在宅にしないと。

 

ゴミ収集業者は休めないし、電気や水道、ガスも休めない。

物流がないと国民が自宅にいれないから、物流も休めない。

医療従事者はもちろん休めないし、その子供を見る人も家庭にいなかったら保育士も休めない。

 

どんな時にでも家で仕事できない人は沢山いるんだから、どうにかしないと…。

 

日本の対策が遅れすぎてることに怒りがあるのであって、単純にマスク2枚に怒ってるわけでもない。

時間がかかりすぎ、対策が遅すぎ。

 

あらゆる事案を想定して国民を守り、国を動かすのが政治家であって、今の政府は問題だと思う。

選挙行かないと、と思うけど。

選挙に行くのだって、忙しい世代には行きにくい。

24時間受付してほしい。

古いやり方に固執するんじゃなくて、もっと国民が選挙に行きやすいようにしてほしい。

年齢さげるよりまずそれだと思う。

 

家を片付けたらスペースが空くのに、

それをせずにまず収納を買う。

そんなことをしていると思う。

 

そういえば、クロネコヤマトの配送員さんが感染されたそうです。

感染に関しては注意している医療従事者でも感染してるから仕方ないかもしれないけど、今本当に物流は忙しいんだから、働く人達を守っていってほしい。

 

医療従事者はもちろん、私たちの暮らしの基盤であるライフラインを守る人達も大切にしてほしい。

もちろん優先順位として大変な医療現場を守ってほしいけど、だからこそ他の国民の予防にも力を入れていってほしい。

 

予防することで医療への負担が減るのにどうしてこんなに問題意識を共有できないのか。

 

 

日本が人よりお金なことが伝わってきて本当に辛い。

 

お金持ちにお金を渡したくないから一世帯30万円も申請制にしたんだろうけど。

申請って…もしや市役所で??なのか?

密を避けるためにも申請制ではなくて、会わずに給付できないのかな…。

どのような方法をとるんだろう。

 

そういえば2月頃に聞かれて、『ん?』となったことがあるんだけど、人工呼吸器と酸素マスクを勘違いしてる人がいるんじゃないかと思う。

人工呼吸器って、数が限られてるし、管理が大変だし、人工呼吸器をつけるリスクも沢山ある。

 

人工呼吸器つけたら治るんでしょ?という話も聞いたけど…人工呼吸器のこと知ってるのかな?と…。

 

 

お昼のワイドショーをたまに見るけど…うーん。

 

この4月から岡山でゴゴスマが放送されるようになった。

あの番組いいですね!

すっごいまともなので、放送されるようになって本当に嬉しいです。

ゴゴスマに出てるお医者さんが良かった。

 

新型コロナが出てから病院は本当に大変だろうな…。

病気は新型コロナだけじゃなくて、その他にも沢山の病気があって患者さんがいて…。

 

日本は大丈夫!ではない。

私的には先進国のほうが交通も便利だからこそ広がるリスクは大きい気がする。

確かに発展途上国のほうが衛生面や医療的に大変だけど、先進国のほうが広がるスピードに関しては早いんじゃ。

それに今の様子では何をもって先進国と呼ぶのか。

 

疲れる。

 

こんな時、マッドデイモン主演の映画オデッセイを思い出します。

火星に一人取り残され、地球に帰還する話だけど、あの話の中では一人の命を世界みんなで救った。

 

f:id:yucha168:20200403151000j:image

『オデッセイ』(原題: The Martian)は、2015年のアメリカ合衆国のSF映画である。アンディ・ウィアーの小説『火星の人』(2011年出版)を原作としている。

監督はリドリー・スコット、主演はマット・デイモンが務める。

火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、生きていることに気づかないで見捨ててしまった彼を救いだそうとする周囲の努力を描く。

 

引用Wikipediaより

 

今の日本では一人一人の命の重さが軽く考えられてるような気がする。

数字じゃない。

これからを考えると本当に協力し合うことが大切だと思う。

 

 

辛いなぁ。

 

やっぱり一斉休校すべきだと思うなぁ。

入学の年だと友人関係の構築や新しい授業とかあって子供も休みたくないのは当たり前だと思う。

だけど健康の心配を感じる家庭も多いだろうし。

だからこそ一斉に休みにしてあげたほうがむしろいいと思う。