渥美結喜の秘密の箱庭

霊体と肉体の視点から日常を徒然

丑の刻の訪問者①駆け込み寺的な感じです笑

子供の風邪と同時にこんなことがありました。

  

貴船神社の神様がピンチでドロドロの姿で駆け込んできました!

 

 

11月7日になってすぐのこと。

夜中の2時頃のことでした。

 

我が家の寝室はこんな感じです↓
f:id:yucha168:20191109190526j:image

左すみにベッドがあります。

子供たちは下でお布団を敷いて寝ています。

子供たちの風邪の引きはじめで、咳がこの日も酷かったんです。


ぼーっと咳のひどい長男のことを考えていましたら、ふと見えたのはこんな感じ↓
f:id:yucha168:20191109190556j:image

皮膚が緑がかって、しわしわのカサカサで木の皮のようでした。

顔もどろどろです。

 

最初はびっくりして、

『何でこんなの憑いてるんだろ、霊がつくのは本人の問題だもんな』

と長男のことを考えていたんですが、

どうもそうではないようでした。

 

夫に今見えてるものを伝えまして、

『階段に今いるみたいよ。』と伝えました。

 

私はベッドでぼーっとしてるんですが、見えたのはこんな感じです。
f:id:yucha168:20191109190601j:image

我が家の階段です。

階段の電気はついてます。

長男が夜中起きてトイレに行くのでつけてあげています。

 

階段全て登りきっていないのですが、寝室のほうを見ている光景が見えました。

ただ、良くみると貴船神社の奥の院の神仏なんですよね。

 

以前、綺麗になり、そして悪いものが一つのかたまりになりました。

そこから、私が大変なのでちょっと放置していたんです…。

虫が一つのかたまりになったから退治しやすいけど、大変なので放置してました…。

 

今回もとっても大変な状態の貴船の神様を綺麗にしてみました。

 

ぐったりしてまして、神社に帰るかな?と思ったら帰れない状態らしく、

寝室のとなりのベランダに面したソファがある部屋に横になって一晩明かしました。
f:id:yucha168:20191109190545j:image

 

位置関係はこんなです。
f:id:yucha168:20191109190541j:image

 

ついでに、

夫は階段に謎のおばあさんがいることを伝えたらお線香を急いで炊いてました。(最初すぐに神様とわからなくて、だけど線香のおかげで早く解決したきもします)

(私はベッドです。)

 

貴船神社の神様を綺麗にしたら、ガクッと彼女が倒れましてソファで休んでもらったんですが、

そのあと見えたのはこんな感じ↓
f:id:yucha168:20191109190551j:image

木製の人形??

『載せても安全かな?』と悩んだものです。

 

これが見えたことを夫に伝えたら、

丑の刻だ』とのこと。

 

やはりこの時間は貴船神社はもたないみたいです。

こちらの力のほうが強くなってしまうんでしょうね。

この変な人形、家に入ってきたわけではなくて貴船神社の奥の院からこっちを見ていました。

 

この人形を祓いのけたら、本体が見えました。

あの人形が本体かと思ったんですが、どうやら本体はこれ↓

f:id:yucha168:20191109190548j:image

被害者ではありません。

この裸で木に杭で打たれているのが本体です。

モノノケのようですね。

貴船神社の奥の院に渦巻く悪いものの意識の集合体です。

 

肉体的にも霊体的にも集中力が切れそうだったので、

『果たして自分に祓うことができるのだろうか』と思い、ヤマトタケルノミコトさん、呼べないかなと思って呼んでみました。

 

来てくださりました。

助かった…。
f:id:yucha168:20191109190538j:image

余裕そうですね。
f:id:yucha168:20191109190535j:image

そして、どうやるのかなと見ていたのですが、私的にはハリポタのエクスペクトパトローナムが伝えやすいと思いました。

 

ネットにいい画像がなかった…。

ぜひ、アズカバンの囚人見てください!笑

 

そのあと、『本当に今ので効いたのだろうか…』と思いつつ、ざわざわしたものは終わったようです。

 

ちょっと調べてみました!

f:id:yucha168:20191109202345j:image
丑の刻参り、丑の時参り(うしのこくまいり、うしのときまいり)とは、

丑の刻(午前1時から午前3時ごろ)に神社の御神木に憎い相手に見立てた藁人形を釘で打ち込むという、日本に古来伝わる呪術の一種。

典型では、嫉妬心にさいなむ女性が、白衣に扮し、灯したロウソクを突き立てた鉄輪を頭にかぶった姿でおこなうものである。

連夜この詣でをおこない、七日目で満願となって呪う相手が死ぬが、行為を他人に見られると効力が失せると信じられた。

ゆかりの場所としては京都市の貴船神社が有名。

ただ、貴船神社は24時間開門していないため実際には着手不可能である。

丑の時詣で(うしのときもうで)、丑参り(うしまいり)、丑三参り(うしみつまいり)とも。

引用Wikipedia

 

現在は出来ないってことですね。

 

それにしても…

イラストの牛…ってもしかして牛鬼??(*_*)

では、ないよね…。

え????

 

いや、繋がってはいるんですよ。

悪いものの根底の部分は糸で繋がってますから、だから牛鬼に繋がるはずではあるんですが。

 

前も初めて見たときに、

『牛鬼(当時まだ⚪⚪と書いてたかも)に繋がってるなぁ』

とか記事に書いたかもです。

書いてなかったら書き忘れてます泣

 

え???普通に描かれてるけど、まさかの牛鬼???

うわぁ…。

牛鬼だよ、⚪⚪だよ、うわぁ。

ですよね!笑

 

 

とりあえず…この日の晩は一階におりたりしましたが、何事もありませんでした(#^.^#)

そういえば貴船神社の神様が寝ている部屋のドアが閉まっていました。

 

我が家はドアを閉めないので、夫に聞いてみたら『何となく閉めた…』と笑

『あそこで寝てるのが見えたのかと思った(神様が)』と話したら、そのことを伝えていなかったので驚いていました笑

 

次の日、本当に昨日ので効いたよね?と思っていたら、

スノーさん(いつもお世話になってます!!北海道の巫女さんの霊体、人魚さんや紅龍さんの記事が沢山あります!笑)から連絡がありました。

 

長くなるので一旦ここで切ります!

 

続きです↓