渥美ゆうきの秘密の箱庭

霊体と肉体の視点から日常を徒然

渥美ゆうきの秘密の箱庭

【まろちょさん】ありがとうございます✨黒猫の思い出

昨日は台風で嵐のようでした。

そんな中、手直しのため我が家に帰ってきた石達がいます。

ちょうど休憩中だったので、すぐに中を確認してみますととても嬉しいサプライズがありました(*^^*)

可愛い猫の手拭いをいただきました✨


f:id:yucha168:20190816090943j:image

 

私は何年か前に黒猫を飼ってたんです。

親猫とはぐれてしまい、獣医からも助からないと言われた子猫で目もまだ開いていませんでした。

三時間おきぐらいにミルクを飲むので、夜中も起きてミルクを作ったりして育てました。

本当に賢くて可愛い子でした。

検査では異常は見つからなかったんですが、2歳になる直前、急に痩せて肺に水がたまってるような症状があらわれました。

 

急いで病院に行って検査をしてみると、とても珍しい白血病で普通の検査では見つからないものでした。

獣医さんは岡山以外の他県からも信頼され患者がこられる方なのですが、これは…と言われました。

頑張って治療しましたが、結局亡くなりました。

 

彼(黒猫です)が亡くなったころ、次男は生後8カ月ぐらいでした。

名前も覚えていないと思います。

当時、亡くなったことも理解していませんでした。

 

ある日、私の妹が学校の美術の授業で悩んだ末、黒猫の可愛い置物を作りました。

『何か作ってたら、⚪⚪みたいな黒猫の置物になった』と言ってました。

亡くなって1年半は過ぎた頃です。

 

次男だけ私の実家に遊びに行かせていたため、私の妹が学校から持って帰ったときに遭遇したそうです。

私の母と妹が、作った黒猫の置物をみて『⚪⚪だ!そっくり!』と猫の名前をよんでいたそうです。

それを遠くから2歳ぐらいの私の子がじーっと見ていたらしく、

それから

『⚪⚪は死んでる。』

と急に話したそうです。

 

母も妹も驚いて、名前を覚えていたのか、死んだことを知ってるのか、次男に聞いたらしいんですが、ただ頷くばかりだったらしいです。

 

黒猫は亡くなってすぐ、誰の夢にもあらわれませんでした。

ですが、置物がおかれてからはみんなの夢にもよくあらわれます。

私は彼を助けることができなかった気持ちが乗り越えてはいるけど、どこか残ってはいます。

私じゃない人なら助けれたんじゃなかったのかとか、風水はペットに最初に影響がいくからそのことも考えました。

 

特に黒い犬猫は、悪いものを吸ってしまうんです。後から知りました泣

そして、ペットの次に子供へ影響が行きます。

 

どうしようもできなかったと理解はしています…。その経験があるからこそ、今、その経験を学べたとは思うんですが…。

犠牲の上の成果など思いたくはありません泣

 

昨日この手拭いをいただいて、可愛い黒猫のことを思い出し、つい、うるうるしてしまいました。

 

送ってくれたまろちょさんにお話を聞くと、

 

その黒猫のハンカチなのですが、 ゆうきさんになぜかネコのものを急に送りたくなり、 どれにしようかなぁと思っていて、 色々あるネコの中でその黒猫ちゃんがピンと来ました!
お店の人には別の物を何度か勧められたのですが、 やはりそのハンカチがずっと気になり、、、


「お世話になりました」 って言葉が私が今から石達を見てもらうのに、 なんだかおかしいかなぁとは思ったりしたのですが、 でもどうしても黒猫でそのメッセージを伝えたくなり、 やはりその黒猫ちゃんのハンカチにしてしまいました。笑


ブログにもちろん載せてもいいですよ!
きっと、以前可愛がっていたネコちゃんからのメッセージです!

とても嬉しいお返事をいただきました。

思えば、命日は6月ごろですが、黒猫との出会いはちょうど今ぐらいなんです。

誕生日は分からないんですが、生後4日ぐらいで出会いました。

 

出会った時期も生まれた時期も8月ということで、覚えやすいように8月の獅子座にちなんだ名前にしたんです。

 

『お世話になりました』と手拭いにあるメッセージに気持ちが安堵しました。

 

読んでくださりありがとうございました✨

まろちょさん、ありがとうございました✨