渥美ゆうきの秘密の箱庭

霊体と肉体の視点から日常を徒然

渥美ゆうきの秘密の箱庭

岩屋の神様から。木と石と身体と。

前回の補足のようなお話です。


志都岩屋神社と二枚の葉を人々に与えること。 - 渥美ゆうきの秘密の箱庭

 

前回の最後、夢で岩屋の神様から言われたことを書きました。

そこで書き忘れていた内容なんですが、

 

あなたの身体(渥美です)は木や石と同じになった。

だから毒虫に注意すること。

目には見えずとも知らぬ間に指先などから入ろうとする。』

 

と言われました。

 

毒虫?というと?

毒液をもっていて、人体に害毒を与える虫。ハチ・ドクガ・ムカデ・サソリなどの類。

引用コトバンク

うーむ。

霊界にもいるんですね。

私もまだまだ知識や経験不足だなぁと感じます。

 

それに『木と石と同じになった』ということですが、

私が以前教えてもらった世界の仕組みを思い出します。

逆ピラミッドになっていましたが、

 

一番底から

鉱物

サボテン・多肉植物

植物

草食動物

肉食動物

類人猿

人間

岩・樹木

 

の順でした。

これらはそれぞれの層になっており、決して越えてはいけない、越えることはできないというルールがあります。

 

ですが、夢の中では先生(白人のご老人)の指導のもと無理やり越えていました。

 

(私以外にも教えをいただいている方はいましたが人種は様々で日本の方はいませんでした。10人ぐらいでした。

ちなみに夫は入り口のゲートで別れたので世界の仕組みを見ていません。

入り口で別れたことは同じ夢を見ていたので覚えているそうです。)

 

目指すのは岩や樹木であり、そして山の頂き、空へとのことでした。

 

こうして振り返ってみると、今回岩屋の神様に言われた『石と木と同じ身体になった』ということと繋がりがあると感じます。

霊的成長をしっかりとしていってるのかなぁと思います。

 

ただ、同じ経験をしている方がまわりにいないので少々孤独です笑

 

常に誠実・愛情を芯に生きていこうと思います。

 

では。