渥美結貴の秘密の箱庭

霊体と肉体の視点から日常を徒然

渥美ゆうきの秘密の箱庭

『気』と五黄殺と人生の障害について

』の流れというものは存在します。

 

』を感じるばかりに、物凄く悩み疲れ果てることもしばしば…。

気分転換に記事を書こうと思います。

 

世の中、この世もあの世も全て『気』の流れがあります。

人の身体の『気』はいわゆる『チャクラ』です。

地球の『気』は『風水』です。

 

吉方位や凶方位は確かに存在します。

私には変化した時の感覚良い気嫌な気しか分かりません。私以上に感じる人は色とか見えるんですかね?どうなんだろう。

そうなれたら楽なのにな、と思ってます。

 

年、月、日と常に『気』は変化し続けます。

これは意識してなくても身体は無意識に変化を感じています。

霊体を使ってるんでしょうね。

 

昔、私に一人部屋が出来た時のことを体験としてお話しします。

自分の部屋を持ち模様替えが可能になりました。

当時の私は、とにかく模様替えを月一で行っていたのを覚えています…。

落ち着かなかったんです

 

部屋がで落ち着くわけ無いと知ったのは最近です。

当時は、それまで「勉強しすぎだから止めなさい」ととめられるほどだったのに、まったく机に向かうことができなくなりました。

睡眠時間も日に日に短くなり、ベッドの中で徹夜するようになっていきました。

ベッドで思考が止まらない状態でした。

 

人間関係も酷くなり、健康状態も悪い。

 

 

元々幼い頃から綺麗好きで、その頃は週に一度は断捨離していました。

自分の持ち物を全てだして、確実に要らないものを処分していました。

落ち着かなかったからです。

何か腑に落ちない、上手くいかない、だから片付けてました。

 

 

物よりもそこに込めた自分の思い出に価値があると私は考えます。

無駄なものは自分の気が分散する原因となります。

 

 

「風水って本当にある」と思った出来事としては身内の家を見てです

女性が次々と病に倒れ亡くなっていきました。

若い方も亡くなられて本当に辛かったです。

 

 

 

  

家が建ったときに、この間取りは良くないと分かっていたのに言えないのは辛かったです。

高校生のときでした。

 

実行に移せなかったことは本当に悔やまれました。

絶対にこれから先、見ず知らずの人でも、おかしいと思われたとしても、一言伝えようと決めています。

 

前に住んでいた家は風水最悪で、常にマイナスでした。

引っ越した今の家は風水で選んだので、いつもはとても元気です。

 

しかし我が家のリビングは南西で、今年は5が回ってきます。五黄殺です。

普段は88、16、61なのでとても幸運なLDKなのですが…。

しかも南西で家が建築中で土が動いているので、どうもこうも…。

 

五黄は安静にするのが好ましく、動土は禁忌です。

一階二階とも銅風鈴、塩水で対処してます。

ただ、家の中で子供が騒がしくしたりすると一気に来ますね…。

5という数字は風水の中でも最強です。

唯一、五運の時のみ良い気を発する数字で、それ以外は最凶最悪です。

寝ている虎を起こすな触れるなということです。



f:id:yucha168:20190311113155j:image

 

南西はその家の女主人(母親)の方位でもあるので、私への一番影響が早かったです。

やっぱり風水は本物だなと再確認できたので良かったのかな…。

 


五黄土星は帝王の星であり、五黄殺は必ずしも凶でなく、五黄殺を活用して財を成すことも風水師はできるといいます。

五鬼運財法などありますが…。

五鬼運財法は元々は貧しい人を救うために開発された術です。

 

ただ、『運を先取りするため早死にする』とも

言われています。

使うなら一生に一度でしょうか。

それに間違えると本当に危険です。

 

上手く5の『気』を人為的にコントロールできたらと思います。

まだまだ勉強不足、経験不足です。

 

 

風水でいう気の流れ、変化を抑えたら波風ただず、現世利益だけ手に入れることもできると思います。

 

ただ、そのためにこの世に生まれてきたのでしょうか。

自分の霊的成長のために誕生したのではないでしょうか。

 

気の流れ、変化は自然の摂理です。

 

なぜ、その摂理があるのでしょうか。

 


f:id:yucha168:20190311113231j:image

 

つまりは私達の霊的成長のための障害を発生させる仕組みです。

風水や占いで逃げすぎないようにしてほしいです。

 

私はタロットが得意です。

勘違いしてほしくないのは、タロットはパラレルワールドの一端を覗くことができるツールであり、

それを選択するかどうかは本人の自由意思であるということです。

 

先に書いたように、バタフライ効果と同じです。

今この瞬間些細な選択さえも自分の意思によってどのパラレルワールドに進むか選んでるんです。

 

見るもの、聞くもの、起きたこと、全てが意味があって繋がっています。

 

 

私は今回5から逃げないことを選択しました。

家族全員で使うリビングダイニングにしてしまうと、意識できない子供たちには酷なことだと思ったので私の書斎を南西に移しました。

 

 

そうしたら案の定、次々に色んなことが起き、自分の成長に繋がっています。

 

五黄殺は強力な変化の波を発生させるものでもあるということです。

 

逃げるか恐れるか。

立ち向かうか。

 

自分の意思で選択してみてください。

 

 

そういえば、霊が見えるというのは、特に大したことはないんです。だから霊的にレベルが高いなんてことはないです。

逆に私としては試されていると思います。

人と違うことに気づいたときに、自分がすごいなんて思っていないか。

 

霊的成長のための障害のひとつだと思ってます。

それに見えたり感じるからこそ孤独でした。

自分が異常で、同じ世界に生きてるのに見えているものが違う。

他の人に言ったら、人の気を引きたいんじゃないかと思われたり、嘘つきだと言われたりしました。

今は本当に楽になりました。

夫の存在が大きいです。